★更年期障害について(ホットフラッシュ)

更年期障害とは、 西洋医学的には“エストロゲン”という女性ホルモンが

減ってくることによりホットフラッシュやイライラ、肩こり、頭痛など、

さまざまな不快な症状が起こることを言います。

 

漢方では基本的に更年期障害は、ホルモンや生殖能力をつかさどる

“腎(じん)”の機能低下で起こると考えます。

個人差はありますが“腎(じん)”の機能は、加齢とともに低下していきます。

腎の機能低下を“腎虚(じんきょ)”といいます。

 

★腎虚の一般的な症状★

足腰がだるい、精力減退、脱毛、物忘れ、腰痛、耳鳴り…

 

また、腎虚にも“腎陰虚(じんいんきょ)”“腎陽虚(じんようきょ)”

2通りがあります。

(両方が混在する、陰陽両虚(いんようりょうきょ)というのもあります。)

 

身体の陰(身体を潤す力)が不足することを“陰虚(いんきょ)”と言い、

腎の陰虚のことを“腎陰虚(じんいんきょ)”と言います。

 ★症状★ のぼせ、手足のほてり、喉が渇く、皮膚の乾燥、寝汗…など

 

陽(身体を温める力)が不足することを“陽虚(ようきょ)”と言い、

腎の陽虚のことを“腎陽虚(じんようきょ)”と言います。

★症状★ 冷え、頻尿(特に夜間)、疲労倦怠、むくみ、血色不良…など

 

ホットフラッシュの基本病理は、“腎”の陰虚です。

 身体を潤す冷却水が足りなくなり熱がこもるため、

ほてりやのぼせが起こってくるのですひらめき電球

 

外部の刺激や、ストレスなどの影響も関係してきますので

お薬はその方の状態によって変わりますが、ホットフラッシュは

基本“腎陰”を補うようなお薬を服用することで改善していきます。

 

35歳を過ぎたら、身体にあった腎を補うお薬を少しずつでも服用しておくと

更年期障害の予防になりますよ。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ★更年期障害について(ホットフラッシュ)
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
★更年期障害について(ホットフラッシュ)漢方の二葉堂


関連記事(心と身体 健康コラム)
  1. ★美肌には何が一番大事?
  2. 心と身体 健康のコラム